Yasuhide Ono

18Kチェーンネックレス(7種)


商品番号 : no.12


石をティアドロップ型に削り出し、極細の18Kチェーンを組み合わせたネックレスは、肌の上に石が浮き上がっているように見えるとても上品なネックレスです。

後ろの留め具には、編み上げのループと水晶が使われており、バックスタイルにまで気を配ったデザインが魅力です。

※天然石を用いているため、色や形、大きさはそれぞれに異なっています。
ご希望の場合は、実物のお写真をお送りさせていただいておりますのでご連絡ください。

【石の種類】
ブルートパーズ(写真1〜3枚目)
森の奥深く、ひっそりと存在する湖のような、深く澄み渡った美しいブルーが魅力です。
見ているだけで心が落ち着き、穏やかな気持ちにさせてくれます。
学問と教養を司る石と言われているそうです。

レインボームーンストーン(写真5〜6枚目)
「虹」の名のごとく美しい七色の輝きが、“幸運を呼び込む” という言われています。

ガーネット(写真7〜8枚目)
ラテン語で「種子」を表す『granatus』に由来して命名されたと言われています。
中世ヨーロッパ時代には、「一族の血の結束」を表す王家の紋章として尊ばれました。
“ 信頼と愛の石 ” としてロマンティックな伝承が残されている石でもあります。

モルガナイト(写真9〜10枚目)
可愛らしいベビーピンクが魅力のモルガナイトは、ティファニー社の副社長を務めた鉱物学者 クンツ博士によって発見、命名されました。
ティファニー社のVIP顧客であったJPモルガンの名をとって命名されたそうです。

スタールチルクォーツ(写真11〜12枚目)
古来より「金銭」を呼び込む石として金運のお守りに用いられているルチルクォーツ。
中でも、中央に黒い点を抱き、そこを中心に金色の帯が弾けたようになっているものはスタールチルと呼ばれ、ルチルファンに人気が高いです。

アクアマリン スクエア(写真13〜14枚目)
ラテン語で、水を意味する「アクア」と、海を意味する「マリン」にちなんで命名させれました。
フランス王妃 マリーアントワネット が、ダイヤとともに愛してやまなかった宝石と伝えられています。
ロウソクなど、夜の照明の中でとりわけ美しく輝くことから、中世ヨーロッパでは、夜会用の宝石としても好まれていました。

ラブラドライト(写真15〜16枚目:着用画像)
“ 宇宙より宿った輝き ” を持つと言われており、洞察力や創造性を高めてくれると言われています。


【作 家】
yasuhide ono

世界中を放浪しながらアクセサリー制作のキャリアをスタート。
旅の先々で出会った天然石に魅せられ、その魅力と歴史を伝え、少しでも多くの方々の日常に関われればという思いからアクセサリー制作を始める。

古来からの「編む」という手法で制作されるアクセサリーには、既製の金具などは一切使われておらず、石やビーズなどで作ったオリジナルの留め具が使用されています。

【素 材】
チェーン: 18K

【サイズ】
チェーン部分: 約40.0cm
ヘッド部分 : 縦寸 約2.0cm(個体により異なります)

価格

23,000円(税抜)

購入数

 
ブルートパーズ(写真1〜3枚目)
レインボームーンストーン(写真5〜6枚目)
ガーネット(写真7〜8枚目)23,000円(税抜)
売切れ中
モルガナイト(写真9〜10枚目)23,000円(税抜)
売切れ中
スタールチル(写真11〜12枚目)
アクアマリン スクエア(写真13〜14枚目)
ラブラドライト(写真15〜16枚目)



関連アイテム


« “Yasuhide Ono”の他の商品
« “ACCESSORY”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM