光の帯そば猪口



蛍手を進化させた「光の帯」シリーズのそば猪口。

愛知県瀬戸市で作陶されている、兼行誠吾さんの器です。
光の帯は、兼行さんのオリジナル技法「線蛍」を用いた作品で、素地と素地の間に透明釉を施すことで、透明の層を生み出されています。

サイズ(約): Φ6.5 × 高さ8.5cm

価格

11,000円(税抜)

在庫

売切れ中


back ordering


関連アイテム


« “UTSUWA”の他の商品
« “その他”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM