大迫友紀

covered glass vessel



ガラス作家 大迫友紀さんと、金工作家 西川美穂さんがコラボレーションしたふたもの。

吹きガラスで成形をした後、全体に削りを入れ、再度焼き直しを行うことによって生み出される大迫友紀さんのガラス作品。
手間ひまをかけて生み出されたガラスからは、特有の冷たさが消え、春の霞のような柔らかさが備わります。

そんな大迫さんのガラスだからこそ、真鍮のクールな質感がよく似合い、西川さんのフタが加わることで、甘さの中にもクールさが光る作品になっていると思います。

共に金沢で制作活動をされているお二人は、私生活でもお友達同士。
それだけに、コラボで出来上がった作品の完成度もまたひとしおです。

【作品 豆情報】
ガラスのものは指紋が付きやすく、使うとなると気になることがありませんか?
でも、大迫さんのガラスは指紋で汚くなるということがないのです。
見た目の美しさだけでなく、実用性にも優れているので、シュガーポットや薬味入れなど、ぜひ毎日の暮らしの中で使ってもらいたい一品です。

サイズ:
ガラス部分 (約) Φ6 × 高さ7cm
フタ含む (約) 8.5cm

価格

9,000円(税抜)

在庫

入荷待ちです


 
在庫9,000円(税抜)
入荷待ちです
オーダー(12月末)9,000円(税抜)
入荷待ちです

back ordering


« “大迫友紀”の他の商品
« “UTSUWA”の他の商品
« “蓋物”の他の商品

« “UTSUWA”の他の商品
« “ガラス”の他の商品

« “手の先の道具”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM