増渕篤宥

褐釉掛分刻花皿(2種)



宮崎県に工房を構える、増渕篤宥さんの褐釉掛分刻花皿(4号、8号)です。

象嵌の技法を用いて、ご自身で制作された彫刻刀を使い分け、1つひとつ丁寧に手間をかけて彫って生み出されたうつわは、増渕さんの精緻を極めた技術を感じられる曲線美の模様に仕上げられています。

掛け分けのコントラストに加え、見込み中央の文様が箸休めの一品などに華を添えてくれます。


【サイズ】(約)
4号:Φ14cm × 高さ2cm
8号:Φ24cm × 高さ2.5cm

※手作りのため、1点ごとにサイズや風合いが若干異なります。


【増渕篤宥】
十数年にわたる窯元での職人経験を経た後、宮崎県にて独立。
2010年 家族で営む向山窯櫻越工房を開設。
幅広い技法を用いながら、機能とデザインの双方のバランスを重視した作品づくりに取り組んでいる。

価格

3,000円(税抜)

購入数

4号
8号6,800円(税抜)
売切れ中



« “増渕篤宥”の他の商品
« “UTSUWA”の他の商品

« “UTSUWA”の他の商品
« “皿”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM