オノエコウタ (モノエ)

碗(銀)



陶芸家オノエコウタさんによる銀彩の碗です。

上に向かってすっとしたラインが美しく、薄くつくられた口縁、細めの高台、巧緻を極めた静かな佇まいです。

オノエさんの銀彩は、1230℃前後で焼成した器に銀を施し、さらに700℃前後で再度焼き付けを行なうことで独特な金属のような表情に仕上げています。

【サイズ】
(約):φ12×高さ8cm

手作りのため、1点ごとにサイズが若干異なります。


【取り扱いについて】
食洗機を使用すると銀が剥げたり薄くなる可能性があるため、なるべくお控えください。

銀彩の特性上、経年変化により茶色味を帯びてきます。味わいとして楽しんでいただくのもいいですし、再びきれいにしたいときは器を少し濡らし、指か布などに重曹をつけて軽く擦ると元の姿に戻ります。


【オノエコウタ】
2005 独学にて陶芸を学び始める
   以後、陶が作り出す空間の美しさを
   テーマにオブジェやアート作品など
   を制作
2018 陶芸家オノエコウタとして活動をス
   タート
   現在、東京八王子にアトリエを移転

価格

5,000円(税抜)

在庫

売切れ中


back ordering


« “オノエコウタ (モノエ)”の他の商品
« “UTSUWA”の他の商品
« “片口”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM