suno&morison

ガラ紡 large tote(SAND)



「ガラ紡」とは、最も古い日本の紡績機、“ ガラ紡機 ” で紡がれた糸のことを言います。

繊維品が貴重だった明治時代に、紡績や織りの際に出る繊維クズを再利用するために考案されました。

その後、生産スピードの遅さから徐々に需要がなくなり、現在では、愛知県で稼働する2〜3件を残すのみとなりました。

空気を含みながらゆっくりと紡がれるガラ紡は、現代の紡績機では決して真似することのできない、柔らかく軽い、手紡ぎに近い風合いを持っています。

そんな表情豊かなガラ紡の生地で作られたトートバックです。

ストールの織り方をアレンジし、できるだけ密に織上げることで袋物にしても大丈夫なガラ紡の生地が誕生しました。

一泊旅行にも行けちゃうほどの大振りなバックは、裏地にコットンキャンバス地を貼り、持ち手には手織りのセルビッチテープを用いることで、重い物を入れても大丈夫なよう強度面にも考慮された作りになっています。


【作 家】
suno&morison

オーガニックコットンのガラ紡、インドやタイの手紡ぎの糸等、実際に自分たちが使ってみて気持ちよいと感じた素材でモノづくり行うsuno&morison

側に置いておいて気持良く、大量に作る事はできなくとも、人の手を感じられるもの。
モノが生み出される背景にも魅力があるモノづくりを目指し、日々素材と対話しながらものづくりに励んでいる。


【素 材】
オーガニックコットン ガラ紡


【サイズ】
48cm × 34cm × 19cm(横幅 × 高さ × マチ)

価格

13,200円(税抜)

在庫

売切れ中


back ordering


« “suno&morison”の他の商品
« “CLOSET”の他の商品
« “bag”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM