須賀文子

粉青沙器蕎麦猪口



須賀文子さんの粉青沙器(プンチョンサキ)をモチーフにしたそば猪口です。

須賀さんと poooL が一緒に取り組んだうつわです。

韓国の朝鮮時代の粉青沙器をモチーフとし、それを再解釈した作品の制作を依頼しました。

須賀さんは、粉青沙器を表現するにあたり、土を探すことから始められました。
独自に文献などで調べた土が今では手に入りにくいことを知ると、理想の土と出会うまで、いろいろな山をまわり、土を仕入れ、窯を焚き、何度も土との会話を繰り返されたそうです。また、技法にもこだわり、この器が作られていた当時の時代を思い、
白土を塗るタイミングや、厚さなど何回も何回も試行錯誤を繰り返されたそうです。

須賀さんは、岐阜県恵那市を拠点に穴窯と登り窯で作陶、陶芸家の両親もつ彼女は、幼少時より染付に惹かれ、美濃染付け、瀬戸絵を中心に制作を行われています。

サイズ(約): Φ8 × 高さ6.5cm

価格

1,610円(税抜)

在庫

入荷待ちです


back ordering


« “須賀文子”の他の商品
« “UTSUWA”の他の商品
« “カップ・グラス”の他の商品
































最近チェックした商品






新規会員登録  |  マイアカウント

お支払い方法について
配送方法・送料について
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー


RSS
ATOM